書[sho-]

宮本馨太郎著『東京都の民俗』目次

宮本馨太郎著『民俗博物館論考』目次

矢和・宮本・志村編
『略縁起集』<資料文庫T>目録

宮本記念財団「調査報告1」目次

宮本記念財団「調査報告2」目次

宮本記念財団「調査報告3」目次

※「学服書屋」の由来

「学服書屋」は、昭和初年、宮本勢助が建てた、木造平屋建ての書庫の名称である。「服飾学を学ぶ書屋」の意と聞いている。 当財団は、勢助が建てた書庫を壊わし、その跡地に、新たに「物質文化研究資料館」を建てるに当って、新資料館の1階を、勢助の書庫に因んで、「学服書屋」と称することにした。 なお、額の書は、勢助の親友であった日本画家・安田靱彦画伯の筆になるものである。

 

 

財団法人 宮本記念財団

財団法人 宮本記念財団 since 1979
mailto:info@miyamoto-kinen.org